+■演奏会のお知らせ■
Coming Soon
+■ ダッパーにMAIL ■
・演奏会について知りたい
・一緒に演奏したい
・演奏して欲しい
・指導をして欲しい
・サックスについて教えて欲しい

等有りましたら、どうぞお気軽に⇒ こちらまで

※私達はアマチュア・サクソフォンアンサンブルですので、お金を頂戴するような事はけしてございません。お気軽にご連絡下さい。
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< アムールサクソフォンアンサンブル | main | 2人のお客様(2) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
2人のお客様(1)
日曜日の練習レポート書こうとしてフと気が付きました。
あ、写真撮ってない…

ダッパーの活動記録係(別名『いきものかかり』)としては致命的なミスです。
文章だけでは伝わりにくい僕らの練習風景も写真があればかなり違うのですが…。
僕のだらだら文章だけでは読んでる方もタイクツでしょうが、今回は御容赦下さい。

お詫びにうちのかわいい嫁の写真でも。


グーでしばかれました。

きんじです、こんばんは。(左頬を押さえつつ)


さて。


昨日の練習ですが、昼から僕とのりくんは高松ウインドシンフォニーに参加する
予定がありましたので、今回だけは練習場をいつもの市民文化センターではなく
サンポートホール高松の7階練習室で行ないました。

集合9時。

僕が到着したのは9時5分くらい。
すでに、全員揃ってます。
イエロ君は何やらモグモグ食べてます。朝食

イエロ「いえ、ちょっと早い昼食です。んなわけあるかー!」

朝早いのでちょっと切れ味悪かったですが、それでもどっからでもボケてくれる
その精神。素晴らしい!
さっそく練習場に入り、楽器の組み立て&音出しです。

ところで今日は実はお客様が2名予定されています。
1人は、無敵公務員N嶋さん
(編曲をいつもお願いしている無敵公務員ヨコちゃんと同じ職場の方です。)

そしてもう1人は…後ほどご紹介しましょう。もったいぶります。


まだお客様がいらっしゃらないので、早速音出しも兼ねて新譜の練習。
僕が先月購入した3曲、「フォスター・ラプソディ」「アラベスク第一番」
「ルーマニア民族舞曲」
の初見大会です。


「フォスター・ラプソディ」

難易度中の下くらい。
スティーブン・フォスターの名曲「草競馬」「おースザンナ」「ケンタッキーの我が家」
等々の誰もが小学校の頃に歌った事のある曲をメドレーにした、とっても楽しい曲。
ただ単に曲をつないだものでなく、複数の曲が同時進行で出てきたりと仕掛けも
たっぷり。これは洲崎寺で使ってもいいですね。

じろー「使いましょう。でも、この曲もやるとなると、『1つのアメリカ民謡』
ありますからアメリカ民謡が被りますねー。」
嫁じろ「もう『一つ』で確定かー!」

※解説しよう。
本当は2つのアメリカ民謡』なのですが、2曲目の「わらの中の七面鳥」があまりに
難易度が高過ぎるので、じろー&イエロ君バンザイ寸前なのです。


「アラベスク第一番」
原曲は御存知ドビュッシーのピアノ曲です。
題名でピンと来ない方も歌って聞かせてあげれば「あー」と思うはず。
ここで歌ってあげれないのが残念です。

のり君「歌ってなお判ってもらえなかったらショックでしょーね。」

ええ。オンチですから、その可能性大ですが。て、やかましぃ。
ピアノ曲からの編曲は結構難易度が高い場合が多いので、少々ビビリ気味に演奏
してみたのですが、案ずるよりうぬが安し。難易度は上のフォスターとあまり
変わらない程度でした。

嫁じろ「案ずるよりうぬが安し?」

ラオウ伝説にハマってましてね。最近読んだ文章の中で一番うけたのが、

   ラオウ「ハッピバースデーうーぬー♪」

年齢と共によめじろー並みに笑いの沸点が下げって来ているのを自覚し始めました。
で、この曲は洲崎寺ではどうでしょうか?

イエロ「屋外で吹く曲じゃないやろー。」

ごもっともかも。て事で、いずれ日の目を見る時が来る事を信じて回収。


「ルーマニア民族舞曲」

バルトークの名曲。もともとはピアノ曲だとか。
短い曲ばかりで6つの組曲になっています。難易度はパートによる、かな。
僕が吹いたアルト2ndは難易度は低です。バリトンもそれほど高くは無さそう。
逆にソプラノは難易度高いです。
全体を平均すると中の高ってところかな。
曲はとっても聞きやすいメロディでゆったりした曲もあり、スピード感のある曲も
あり、さすがバルトークと言った感じです。

イエロ「でも、この曲どこで吹く?って聞かれたら難しいよなー。」

そうですね。少し形式ばった演奏会でないと雰囲気が合わない気がします。
僕らの様にお客様が少しでも耳馴染みのある曲を優先的に選曲しているチームでは
吹くチャンスはあまり多くないのかも…


と言った感じでした。
1万円以上使って、採用された曲は1曲かぁ……
あれ、目から変な汗が出始めたゾ。


(続く!)
| 練習風景 | 23:20 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 23:20 | - | - |
ハッピバースデーうーぬー♪
最高です。さすが『笑いの文化人講座』生誕の地ですねー。笑いのレベルが高い。
| うっ | 2007/06/05 12:15 AM |
うっさん>
お気に召していただければ幸いです。
実はダッパーには、誰とは言いませんが「笑いの文化人講座」の『ネタ・オブ・ザ・イヤー』に輝いた文化人が居ます。

いずれ日記でネタにするつもり。(笑)
| きんじ@ダッパー | 2007/06/05 6:03 PM |









http://dapper.jugem.jp/trackback/251
END jugem_ad -->