+■演奏会のお知らせ■
Coming Soon
+■ ダッパーにMAIL ■
・演奏会について知りたい
・一緒に演奏したい
・演奏して欲しい
・指導をして欲しい
・サックスについて教えて欲しい

等有りましたら、どうぞお気軽に⇒ こちらまで

※私達はアマチュア・サクソフォンアンサンブルですので、お金を頂戴するような事はけしてございません。お気軽にご連絡下さい。
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 2人のお客様(2) | main | 2人のお客様(4) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
2人のお客様(3)
(昨日の続きです。)

さぁ、どの曲を候補から外すか…
僕の案は、ディスコキッドサマータイムの2曲。
のりくんはこうもりディズニーの2曲。
じろーはこうもりディスコキッドの2曲。

みんなバラバラです。
まずのりくんとじろーに共通のこうもりを外すかどうか。

僕としてはせっかくのりくんが頑張って編曲してくれたこうもりを使わない
のはもったいないという気持ちも有って、外したくないと主張しましたが、
他4人は「まず間に合わない」との意見。
なるほど…納得するしか有りません。
こうもりは秋のサックスコンサートに向けての候補曲としましょう。

すると残りは、
ディズニーを外すか
ディスコキッドを外すか…

…とその時、練習場のドアが開き、ひょっこり顔を出したのは、無敵公務員N嶋さん。

彼女は無敵公務員音楽隊の楽長からの紹介で、今年からサックスコンサートに
参加してくれる事になった方なのですが、以前から小編成のサックスアンサンブル
にも興味があったそうで、是非我々の練習を見学したいと申し出てくれた、
とっても物好き勉強熱心な人。

N嶋「こんにちは〜♪」

いらっしゃ〜い♪いい所に来てくれました。
取り敢えず何も言わずにそこへ座れ。もとい、座ってください。
そして我々の演奏を2曲聴いてくださいな。

N嶋「え?えっと…は、はい…。」

訳もわからず5人の前に用意された椅子に座らされるN嶋さん。
そして有無を言わさず演奏開始。

まずはディスコキッド
まだまだ仕上がっているというレベルではありませんが、それなりに…
ごめんなさい、クラリネットソロに相当する部分のテナー1stのソロは
思いっきりコケましたが…軽快な演奏です。

そして、ディズニーファンティリュージョン
ディスコキッド以上に仕上がってはいません。
が、お馴染みの曲のメドレーですので、聴いていて楽しいと思われるはず。
相変わらず必要以上に盛り上げようとするので、最後はバテバテですが。

N嶋さん、趣旨もよく判らないまま1曲1曲に拍手してくれています。
ありがとうございます。
さて、今演奏した2曲の内、もう一回聞きたいとしたらどっち?

N嶋「え???えーーっと…ディズニー??」

はい、決定〜!!!
ディスコキッドを外して、ディズニーを候補とします。
…なんか、かなり不平等な決定の仕方をしたような気がします。のりくんごめん。
もしかするとディズニーを選ぶ事で練習の負担が増大したかも知れませんが、
これでいきたいと思います。

しょうがない、って感じでのりくんも納得してくれた様子。

やれやれ…と思っているところへ、再び練習室のドアが開き2人目のお客様
顔を出しました。

2人目のお客様は、香川県が誇る作曲家、田中久美子先生です。

そうです。
いつぞやのヨタ話しと取られても仕方ない、ダッパー委嘱作品作成に向けて、
ついに田中先生を召喚する事に成功したわけなのです。

果たしてダッパーは自分たちの曲を作曲してもらう事ができるのでしょうか…

(続く!!)
| 練習風景 | 00:07 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 00:07 | - | - |









http://dapper.jugem.jp/trackback/253
END jugem_ad -->