+■演奏会のお知らせ■
Coming Soon
+■ ダッパーにMAIL ■
・演奏会について知りたい
・一緒に演奏したい
・演奏して欲しい
・指導をして欲しい
・サックスについて教えて欲しい

等有りましたら、どうぞお気軽に⇒ こちらまで

※私達はアマチュア・サクソフォンアンサンブルですので、お金を頂戴するような事はけしてございません。お気軽にご連絡下さい。
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 単純作業… | main | 似非レッスンの顛末、その2。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
似非レッスンの顛末、その1。
今日は高松ウインドシンフォニーの運営委員会が有りました。

私ときんじさんの両名も運営委員会のメンバーなのですが、今日の議題は、
先日のアーツフェスタ2007での演奏についての反省会や、
11月に予定されているアンサンブルコンサートについての通達事項等、
きんじさんが必要な議題が盛りだくさんだったのに。

来やがらねぇ。。。

終わってから電話かけたら「あ。記憶飛んでた。ごっめーーん。」だそうです。
…………(←言いたい事が色々あるけど文章にしないよう頑張ってる様)
のりくんです。こんばんは。少し大人になりました。


さて。


先週の木曜日のことです。
きんじさんが日記にちらっと書いていましたが、3日の練習の後日談イベント
と呼んでいいのかどうかわかりませんが、この時のお客様の1人、無敵公務員
N嶋さんという方からの依頼でレッスンをする機会がありました。
(私の中ではとてもレッスンとは呼べない似非レッスンなのですが。)


事のきっかけは、このブログの左上『ダッパーにMAIL』欄に、
「・指導をして欲しい」
とチカラいっぱい書いて有った事なのですが、
この謳い文句を読んだN嶋さんが、きんじさんにメールで
「個人レッスンは可能でしょうか?」
と依頼した事がはじまりなんだそうです。

その後、何やらきんじさんとN嶋さんの間で密談が交わされたらしく、

水曜日に、突然私にきんじさんから
「レッスンのお願い」
というタイトルのメールが届きました。内容は

「先日遊びに来られていたN嶋さんからのお願いで、
レッスンをしてもらいたいとの事です。
といってもそんな大層なものでなく、
姿勢やアンブシュアやブレスコントロール等の基本に関することを
一度見てもらいたいのと、今後の個人練習の方法についての
アドバイスがあれば教えて欲しいとのことです。
以下略…」


…いや、当然私一人じゃないんでしょ?
皆でレッスンするんですよねぇ…。

私が半分涙目できんじさんに返したメール

「皆でレッスンするんですよね?
もしかしてマンツーマンということでしょうか?
マンツーマンはかなり苦手ですが…。
私より吹ける方かも知れませんし…。」



そう、1対1は相手がどんな人であろうと私は苦手です。



そしてきんじさんから帰ってきたメール…

「…マンツーマンを希望されています。…以下略」



ええええええええー






他のメンバーが出来ないらしいから引き受けますが、
本当にだれも代わりがいないの??


かくして、いくつかのやりとりのあと、その翌日の木曜日の夜に、
1対1でのレッスンが行われることになったのです…。




(続く…)
| 練習風景 | 00:03 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 00:03 | - | - |









http://dapper.jugem.jp/trackback/258
END jugem_ad -->