+■演奏会のお知らせ■
Coming Soon
+■ ダッパーにMAIL ■
・演奏会について知りたい
・一緒に演奏したい
・演奏して欲しい
・指導をして欲しい
・サックスについて教えて欲しい

等有りましたら、どうぞお気軽に⇒ こちらまで

※私達はアマチュア・サクソフォンアンサンブルですので、お金を頂戴するような事はけしてございません。お気軽にご連絡下さい。
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< うっちーがゆく!〜メガマーツ誕生秘話〜(7) | main | うっちーがゆく!〜メガマーツ誕生秘話〜(9) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
うっちーがゆく!〜メガマーツ誕生秘話〜(8)
ダッパーが普段より親しくさせて頂いている作編曲家に渡部哲哉さんという方がいらっしゃいます。
で、ひょんな事からその渡部さんより、「フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン」「ストレンジャー・イン・パラダイス」等出版済み楽譜を含むサクソフォンアンサンブル5重奏の楽譜を7曲も戴ける事になりました。ただし、タダというわけにはいかないので、その7曲をダッパーで演奏してその音源を渡部さんへ送る事が条件、だそうです。
何そのこっちに一方的に都合のいい条件は。
受けないわけないじゃないですか。録音?任せておいてください!

嫁じろ「でも録音、8月末がタイムリミットです。」

え………エエエエエエエエエエエエエエエ

てなわけで今日、突貫工事よろしく約5時間ほどかけて全7曲録音しましたよ。
また後日その模様をレポートいたしますが、ハッキリ言って僕ら「録音」をなめてた。ほんと、ごめんなさい。録音がこんなに体力を消耗するとは…

きんじですよ。こんばんは。

渡部さん、音源送りますけど「楽譜返せー!」て言わないでくださいね。

 --------*--------*--------*--------*--------

I吹奏楽団サクソフォンパートのパートリーダーは当時27歳。5年前にわりと有名な音楽大学を卒業した、I吹奏楽団においてはエリートの部類だった。しかし、そういうところを鼻にかける事が全く無く、持ち前の姐御気質から周りの団員に対してとても面倒見がよく、さっぱりした性格なのでみんなから自然と頼られ、また男女を問わず好意を持たれていた。黙っていればかなりの美形だが、大変残念な事に言動はかなりSな傾向もあった。(「だがそこがいい!」と憧れる困った男性団員も居たらしいが。)

しかし彼女は今、その美貌も台無しなほど呆気に取られた顔をしていた。ついさっき「楽器を取っておいで」と指示した進入団員が笑顔で持って来た物はどう見ても「ソプラノサックス」の楽器ケースにしか見えなかったからである。

「えっと…それが君の楽器?」
「はい。」
「…ソプラノだよね?」
ソプラノですよ。」
「アルトとかテナーとかは今日は持って来なかったの?」
「いえ、僕はソプラノだけしか持ってません。」
「え?……アルトかテナーを買う予定とかも無いの?」
「やだなぁ。この楽器があるんだからわざわざもう1本買うわけないじゃないですか。」

そう言ってうっちーは笑った。
うっちーはあやうく例の「ソプラノはアルトのたった半オクターブしか違わない」理論をここでも披露してしまうところだったが、例のレッスン室の先生には物凄い勢いで睨まれた事を思い出し幸いにも言わなかった。

しかし彼女のプライドはズタズタだった。

何?
何なの、コイツ?
いきなり「ソプラノしか吹きません」宣言して!
「僕はトップしか吹きませんのでヨロシク!」って事?
「あんたの時代は終わったんで、これからは俺に任せてもらいましょうかね、へへへ」って事ぉ!?

吹奏楽においてソプラノサックスは、その楽団のサックス奏者達の中で一番上手な者に通常任されるパート。つまりソプラノサックスしか吹かないという事は『トップの座は俺!』宣言と同じであった。

(よ…よーし!そうまでおっしゃるなら、その実力聞かせてもらおうじゃない!)

唇の端をぴくぴくと引きつらせながら彼女はうっちーに1枚の楽譜を渡した。

「じゃあ、これがソプラノサックスの楽譜ね。来月に予定している定期演奏会の曲。『パリのアメリカ人』って曲だけど、ソプラノサックスにソロがあるからよろしくね!」

本人は平常心でしゃべったつもりだったが、実際はかなりキレ気味の声だった。
この時、うっちーは渡された楽譜に目を向けていたが、もしうっかり彼女の顔を見ていたら速攻で逃げ帰ったかも知れない。この時彼女はまさに般若の顔をしていた。(彼女の背景には『ゴゴゴゴゴゴゴ』と効果音が見えるようであった。)

だが、ソプラノサックスだけを持って楽団に入団する事の意味を全く知らないうっちーにとって、そんな彼女の態度は全く自分とは無関係の事だった。

(ソロ?ソロって確か1人で吹く事だよな。大変そうだなぁ…)

事の重大さが全く判らないまま、のんきにそんな事を考えていたうっちーは、さっそく楽譜を吹きはじめた。

ボーーーー・…ボ・ボ・ボーーー………ボ…

うっちーの音を横で聞いていたパートリーダーは、みるみるその目を見開き始め、最初の1小節だけで絶望的な確信をした。

こ、この人っ!!!すっごい初心者!!!!
マジありえない!ソプラノサックスしか吹かない初心者!!??
いったい私にどうしろって言うのーーーーーー!?

彼女の心の叫びは残念ながらうっちーに届くはずも無かった…

(続くっ!!)



| うっちーがゆく! | 23:22 | comments(9) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 23:22 | - | - |
再現VTRあれば見てみたいです〜
| あっこっち | 2007/08/27 3:35 AM |
進入団員てのがいいですねぇ
面白すぎる
今夜が楽しみです
| イカサマ | 2007/08/27 8:08 AM |
うははははは。
「ソプラノしか吹きません」宣言。
ペーパードライバー(AT限定)のくせに
「乗るならフェラーリよね」と言うようなもんでしょうね。
| かしぽん | 2007/08/27 9:12 AM |
>きんじさん
そうでした、架空人物でしたよね(^O^)/
昨日の私のコメは、おとそうとか上げようとか(^^ゞじゃなく、何の深い意味もなく、ただ私がそう思ったまんまですぅ。ではでは続きを楽しみにしていますヘ(゚∀゚*)ノ
| まんみ | 2007/08/27 8:58 PM |
きんじさん>
惜しい!栗山千明ではないんだ!これが!でもすごい美人さんです。
でも、性格の描写は怖ろしくあってます。そんな感じの人です。この人には一生頭が上がらないような気がする・・・。
かしぽんさん>
これも惜しい!AT免許すら持ってないような状況でした。(^^;

| うっ | 2007/08/27 11:54 PM |
う「すみません、僕もこのF1レーシングチームに入りたいんですが…。」

監督「ライセンスは」


う「明日から自動車学校に通います」


って、いうイメージが妥当ですな。
| | 2007/08/28 12:22 AM |
ほほう

それは、あれ用ですね、出版譜の参考演奏? またはプレイヤーズ王国で公開? 会社では4人しかいないからできないんですよね・・・

こっそりてつやんさんに回してもらおうっと。
あ、しっかりきんじさんは人格者と言っておきますね。あんないい人はいませんよって(笑
| 田舎者 | 2007/08/28 12:38 AM |
あっこっちさん>
相変わらず凄い時間の書き込み(笑)
今日からしばらくはお天道様が出てる時間帯に活動できるんでしたっけ。ほんとご苦労様です。

イカサマさん>
ご指摘ありがとうございます。僕も笑った。

かしぽんさん>
ペーパードライバーがフェラーリに乗るのは単なる憧れでしょう。ところが、うっちーはペーパードライバーのくせにバスの運転手になる!と言ってるわけです。つまり事の重大さが判ってない。

まんみさん>
いえいえ、これからも持ち上げたり突き落としたりどうぞやっちゃってください。うっちーは、いじられればいじられる程、輝く特異なキャラです。(笑)

うっさん>
ごめんなさいねー。この日の僕はちょっとテンションがどうかしてた。Sっぽい女性っつーと栗山千明が真っ先に頭に浮かんで、そのまんま書いたけど、この日記でうっちー以外に人物名を出すのはあと2人だけのつもりだったのに…反省です。
(残り2人が誰かはまぁだいたい判ると思いますが。)


名無しさん(のりくんか?)>
どろなわですな。でも、そんな感じ。(笑)

田舎者さん>
ありがとうございます。でも最後の「(笑」に田舎者さんの本音が垣間見えるのは気のせいでしょうか。(笑)
私たちの演奏、どうやら一部だけですが、ネットで公開される方向の様です。また、詳細がわかりましたらお知らせします。
てか、公開羞恥プレイ?
| きんじ | 2007/08/28 9:42 AM |
へ?

そんなことないですよ。

一部ということはウインズスコアですね。(あっさりバラす)
いっそ演奏団体公開してもいいのでは?

よめじろうさんがさらに新曲に興味津々みたいですよ。もう1回レコーディング? してみては?
| 田舎者 | 2007/08/31 10:59 PM |









http://dapper.jugem.jp/trackback/338
END jugem_ad -->