+■演奏会のお知らせ■
Coming Soon
+■ ダッパーにMAIL ■
・演奏会について知りたい
・一緒に演奏したい
・演奏して欲しい
・指導をして欲しい
・サックスについて教えて欲しい

等有りましたら、どうぞお気軽に⇒ こちらまで

※私達はアマチュア・サクソフォンアンサンブルですので、お金を頂戴するような事はけしてございません。お気軽にご連絡下さい。
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< のだめカンタービレ | main | FM高松出演1週間前(1) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
緊張しないために。
皆さんは大勢の人の前で何かをしなければいけないとき、緊張しますか?
と、聞かれて、「いいえ、全然。」なんて答えられる人はそれほど多くは無いでしょう。よほどの自信家か、よほどの無神経か、よほど人前に立つ事に慣れきっているか、だと思います。

では、ダッパーの面々はどうかと言いますと、例えば、毎年参加するアンサンブルコンテンストの本番直前・舞台袖で出番を待っている間のメンバーは何をしているかと言うと…

じろー…今舞台で演奏している曲にあわせて小声で歌っている。若干踊っている場合も有り。すごい演奏だと「おお!」とか、駄目な演奏だと「あちゃー!」とか。さすが熱血男。批評も感嘆符一つです。次は自分達の番とかあまり気にしてない様子。緊張?何それ?といったタイプ。

のりくん…今舞台で演奏している曲のうんちくをたれてます。誰の作曲だとか、他にあの団体がこの曲をやったとか、四国初演だとか、この作曲家は他にこんなの作ったとか、どこで出版してていくらだったとか、昨日は何食べたとか。どこから出てくる、その知識。次は自分の番だとかはあまり考えないようにしている様子。緊張をうまくスルーするタイプ。

イエロー…今舞台で演奏している人達の演奏を褒めちぎります。「すごいねー。」とか、「かっこいー。」とか。もしくは、他の団体の人が一緒にいれば終始その人達と馬鹿話しをして笑いを取ろうとしています。ネタで笑いを取りながら、しっかりテンションあげていこうとしてる感じ。緊張をテンションで押さえ込むタイプかな。

よめじろー…だいたいはじろーの熱血テンションに巻き込まれているか、イエローのお笑いテンションに巻き込まれているか、終始笑っています。笑うことで緊張をほぐそうとしてるのかな、とも思いましたが、どうも単純に楽しいから笑っているっぽい。もともと緊張って何?ってタイプかも。

きんじ…本番直前にカフェイン錠(カーフェソフト錠という商品が定番)を飲みます。飲むとカフェインの効果でテンションが上がるので、ナーバスにならずに済むし、集中力が高まるようにも感じます。のりくんからは「ドーピング」と称されています。他の人がワイワイやっているのを尻目に一人だけ心臓が口から飛び出しそうなのを押さえてじっと座って気持ちを落ち着けようとしてます。最も緊張に弱いタイプ。

…と、まぁ私を除き、ダッパー面々は計算しているのか本能なのか、「緊張」と上手にお付き合いしているようです。

あなたはどんな風に緊張をほぐしていますか?
うまい方法があれば、是非教えて下さい。
| 音楽について | 23:05 | comments(5) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 23:05 | - | - |
緊張をほぐす方法ですか…。

そーですねー、ステージに出てから、
客席をゆっくりウォッチングすることでしょうか。

お客の空き具合とか、一人ひとりの表情とか、
正面で寝てる奴、こんちくしょうめ!とか、
何で笑ってるんだ、あいつ?とか…
(今年のTWSの定演はそのせいで火が付いて予定に無いことまでしてしまいましたが…)
コンテストの場合は審査員の欠伸とか見てます。

要するに、意識を自分の中に向けすぎずに、外に向けるってことでしょうか。
| のりくん | 2006/11/05 12:38 AM |
引きつり笑いだったりしてw。

本番直前は、普段もしないような
心配事ばかりしてしまいます。
しまいには「演奏中地震がきたら…」とかw。

で、イエローに

「んなこと心配してもしゃーないやん」

と一蹴されて終わりw。
| | 2006/11/05 9:27 AM |
最近、名前落ちてる方の記述が散見されます(爆)。

おそらくは緊張感からの症状とは思われますが、本番中にソプラノを吹いていて、やたらと右肩がしんどく感じることがあります。休みがあるときは、こっそり右足に楽器を添えてひそかに「休憩」しています。

ポイントとしては、練習中は「これでもかっ」という程他人の音を聞きまくること、そして本番中は、全くシカトする、というのは冗談で、必要以上に他人の音を聞かないこと(合わせのタイミング部分は除く)。
本番中はほんの少しの違和感でも自身が動揺するきっかけになるので、自らその種を蒔かないようにすべきと思いつつ、ついつい聞いちゃうんだよねコレが。
| | 2006/11/05 10:16 AM |
のりくん>
客席をゆっくりウォッチングできる時点ですでに緊張とは無縁の状態だと思うのですが。てか、客が笑顔=自分に対する宣戦布告とみなすのは君だけです。まぁ、こっちは面白かったからいいけど。

(多分)よめじろー>
あー。そういえば、いらん心配をよくするよね。譜面台が倒れたらどうしよう、とか、リードが割れたらどうしよう、とか、絶対ネタやろーとツッコミたくなる心配をしてるから、逆に余裕だなぁと思ってしまいます。

(多分)じろー>
あんたもじゃ。(←本人期待してるみたいだから一応ツッコミ入れておく)
本番は人の音をあまり気にして無いのかー。なるほど、それはいい事を聞いた。(いや、僕は必死こいて人の音気にしないと駄目だろう。)
| きんじ | 2006/11/05 9:11 PM |
まず、ステージで緊張しなくなったら、私は演奏する楽しみの多くを失ったことになるでしょう。緊張するからこそステージに上るのです。
ま、このコメントのつき方でメンバー全員がなにかしら「緊張」を意識していることがよくわかっていただけたかと。もちろん私を含めて。
| Yellow | 2006/11/05 11:38 PM |









http://dapper.jugem.jp/trackback/37
END jugem_ad -->