+■演奏会のお知らせ■
Coming Soon
+■ ダッパーにMAIL ■
・演奏会について知りたい
・一緒に演奏したい
・演奏して欲しい
・指導をして欲しい
・サックスについて教えて欲しい

等有りましたら、どうぞお気軽に⇒ こちらまで

※私達はアマチュア・サクソフォンアンサンブルですので、お金を頂戴するような事はけしてございません。お気軽にご連絡下さい。
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 楽譜はちゃんと確認しよう〜 | main | リードの厚さ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
元気もらいました
今日、僕とのりくんの2人は、高松ウインドシンフォニーの行事参加。
牟礼町小学校への訪問演奏でした。

毎年、高松ウインドシンフォニーはどっかこっかの小学校へ訪問し、
演奏しているわけですが、子供達を目の前に演奏するのは通常の演奏会
とはまた全然違った楽しみがあります。
楽器に対して純粋に面白がり、驚き、喜びます。
音が大きいと耳を塞いで対抗するように「うるさ〜い」と叫ぶ子も居ます。
大きい楽器を見ては「おっきぃ〜」
小さい楽器を見ては「ちっさ〜い」
トランペットやサックスを見ては「知ってる〜」
トロンボーンのスライドを抜いて見せれば大笑い。
目をきらっきらさせながら、一生懸命見てくれる、聞いてくれる子供達
の前では、吹いてるこちらも楽しい気分倍増で演奏できました。
沢山の元気をもらいました。

ダッパーも12月17日には純真な子供達の前で演奏する予定です。
今日よりもっと沢山の元気をもらえるといいな、と楽しみにしています。

※今日一番びっくりしたこと。
パーカッションのIさんが、大きな体で子供達を前に一生懸命踊っ
てました。あんなパフォーマンスができる人だったんですね。
好感度、大アップでした♪

※いつも気の毒にと思うこと。
どこへ訪問演奏に行っても、楽器紹介のときに唯一ユーフォニアムのみ、
「これはユーフォニアムという楽器です。」と紹介される事。
水戸黄門のレギュラーになって既に20年経っているのに未だに知名度が
低い「柘植の飛猿」みたいでほんとに不憫。
(ユーフォニアムは発明されて既に200年近く経っています。)

※今日一番アホかいなと思ったこと。
帰宅すると、僕の母親あてに牟礼町に住んでいる僕の妹から電話が
有ったそうで、
「今、お兄ちゃんにすんごいよく似た人が目の前で楽器吹いてる。すっごい似てるんだよ。」
だって。妹よ。それは本人だ。
| 音楽について | 23:54 | comments(3) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 23:54 | - | - |
いつも気の毒におもうこと。

作られた当初からほぼ9割が金属で出来ているにも
関わらず、
木管楽器に分類されているサクソフォーンを
木管楽器として説明するのに皆が困っていること。
| のりくん | 2006/11/20 12:18 PM |
そうそう。
ユーフォ時代は「何の楽器やってるの?」
と聴かれるたびに返事に困ってました。
その点、サックスは流石に
たいがい分かってもらえますね。

しかし、最後のオチ笑いました!
| よめじろー | 2006/11/20 3:57 PM |
のりくん>
確かに。こないだのFM高松でも「金管」って断言されちゃったし。

よめじろー>
ユーフォ吹きは、「楽器やってます。」って言うところまではいいんだけど、何吹いてるのって必ず聞かれるから、そこで困りますよね。チューバの小さい奴、って言うしか無いし…。
| きんじ | 2006/11/20 10:11 PM |









http://dapper.jugem.jp/trackback/52
新卒採用2018 | GMOペパボ株式会社 END jugem_ad -->