+■演奏会のお知らせ■
Coming Soon
+■ ダッパーにMAIL ■
・演奏会について知りたい
・一緒に演奏したい
・演奏して欲しい
・指導をして欲しい
・サックスについて教えて欲しい

等有りましたら、どうぞお気軽に⇒ こちらまで

※私達はアマチュア・サクソフォンアンサンブルですので、お金を頂戴するような事はけしてございません。お気軽にご連絡下さい。
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 雨乞いコンサートに向けて(1) | main | 雨乞いコンサートに向けて(3) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
雨乞いコンサートに向けて(2)
ダッパーは今までにも色々と「こんな所で?」と思えるような場所で演奏して来ました。いまや夏のメインステージとも言うべき「洲崎寺」もお寺の境内で!?って感じですし、女木島の洞窟(俗に鬼が島の鬼の洞窟)内でのコンサートもやりましたし、記憶に新しいところで早明浦ダムのほとりでのコンサートなどなど…早い話し、ダッパーは珍しい場所と思えるところで吹いてみない?と言われると、思わずパクっと喰い付いてしまう習性を持っているのです。

そして、またまたダッパーの目の前に美味しい話しが舞いこんで来ましたのでちょっとだけお知らせ〜♪

来る7月の20日()。
高松〜小豆島を結ぶ四国フェリーの船上にてミニコンサートやっちゃいます!
演奏は朝9時55分発の小豆島行きの便と、夕方5時30分発の高松へ帰る便の2回。
それぞれ30分くらいずつです。

詳しい事はまだこれからですが、学生さんにとっては夏休み。ダッパーの演奏聞きながら小豆島まで遊びに行ってみませんか?



さて。



昨日の続きとなるわけなのですが、雨乞いコンサート(本当は「夕ぐれコンサート」)に向けての練習第1曲目は「タイム・トゥ・セイ・グッバイ」
この曲、冒頭でアルト2ndのソロがあるのですが(昨日の日記でかおりんが師匠に押し付けようとした奴ね。)、いざかおりんが吹いてみると…まぁそれなりには吹いています。

のり「今の吹き方で間違いじゃないですけど、歌い出しと歌い終わりをもっとねばってみてもいいですよ。」

そうそう。かおりん、サラ・ブライアンの実際の歌は聞いた事ある?

かおりん「……あります……ブライアン???」

そうそう。歌姫サラ・ブライアン。

イエロ「何だその、ドラクエ犬寮鏤里繁睨〇箸い合体したみたいな名前。正しくはサラ・ブライトマンやね。」

かおりん「そうそう。何か違うって思ったーー。」

そうでした…失礼しました…←マジボケ。

演奏の方はかおりんの歌い方や、替わってアンドレア・ボチェッリのソロパートをイエロ君のバリトンで歌い上げる時の周りとの合わせ方や、刻みの吹き方等、あれこれ微調整をしながらほぼ最後までチェック。
じゃあ、最後をもう一度…と仕上げにかかったその時でした。

練習場のドアを開けてやってきた謎の一団!

るいまま「お邪魔しますーーー!」
ぽんた 「どうもどうもどうもどうも」

いつもいつも洲崎寺をはじめ、色んなところでお世話になっている、るいまま組の親分、るいままと、いつも明るく元気なぽんたさん

そしてそして、もう1人。

みわてる「こんばんは〜」

説明しよう!みわてるとは、本名…は出していいのか?まぁ、一応ここでは伏せておきますが、検索すればすぐに出てくる香川県を中心に活躍するプロ・トロンボーン奏者。しかも見た目、とっても可愛らしい女性なのに、吹いているのはわざわざバストロンボーン。
お…重くない?って思うのですが、本人はこれが天職なんだとか。
で、ですね。

何でこの3人が練習場に現れたかと言いますと、
今年もやります!「石灯り月灯りライブ in 洲崎寺」第4弾!
今年も洲崎寺コンサートに呼んで頂ける事となったわけなのですが、今回はトロンボーンのみわてると一緒にジョイントって形でコンサートして欲しいというるいままプロデューサーからの依頼なわけですよ。実はみわてるは僕とのりくんの高校んときの後輩にもあたるので、もちろんOK。
るいまま「じゃさ、チラシ作るのにダッパーのみんなとみわてるが一緒に笑ってる写真が欲しいから適当な練習んときに乗り込んじゃっていいかな?」
となり、今回の登場となったわけなのです。

ぽんた「じゃ、さっそく撮影しちゃいましょう。で、どのカメラで?」

え?カメラはままが何か用意するんと違うの?

るいまま「何よんな。私やそんなちゃんとしたカメラや持っとるわけないやん。きんじさんが用意してくれとんと違うん?」

えーーっと……聞いてないし。じゃあ、僕の単なるデジカメで…

ぽんた「(苦笑い)じゃこのカメラで。皆さんこちらに楽器持って集まって、みわてるを囲んで…きんじさんそんなヨソヨソしい距離じゃなくもって詰めて…のりくん何でイエロさんの影に隠れようとするかな。はーい皆さんもっと笑って〜ぎこちないですよー。みわてるは笑いすぎーだからのりくん隠れないでってば。じゃーいきますよー!」

みわてる&ダッパー

たった1枚の写真を撮るのに大騒ぎ。
真ん中のオカッパ頭・目くりくりの女の子がみわてるです。(トロンボーン持ってるから誰でも判ることか。)

で、せっかくなので、ダッパーと一緒に少しアンサンブルをする事に。
まずは、「オーバーザレインボウ」
みわてるにはテナーパートの楽譜を渡して、一緒に演奏です。
みわてる&ダッパー
さすがはプロ。いきなりの初見で、ちゃんと瞬間移調しながら演奏してくれます。この曲にはテナーのソロが随所にありますので、もしよかったら洲崎寺でみわてる&ダッパーでの演奏に使えないかなと思っている曲です。

そして、もう一曲は「星に願いを」
冒頭にあるバリトンのソロの部分だけをトロンボーンで吹き、その後はやはりテナーパートを吹きます。こちらもいい感じです。

2曲吹いたところで、どちらがいいか選んでもらった結果は「オーバーザレインボウ」
どうやらこの曲が洲崎寺でのサックス&トロンボーンでの演奏の1曲になりそうです。
サックスのハーモニーの中に、甘いトロンボーンの音色が溶け合いうとどんな風になるか…それは洲崎寺までのお楽しみ。是非会場で聞いて下さい。

てな感じで、これ以上はお引止めするのも悪いので、簡単な打合せだけ済ませ、みわてる&るいまま&ぽんたさん退場。

引き続き練習が再開されたわけなのでした。

(続く!)


JUGEMテーマ:音楽


| 練習風景 | 22:02 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 22:02 | - | - |









http://dapper.jugem.jp/trackback/607
END jugem_ad -->